気になる記事まとめ

気になる記事をまとめて投稿しています。

若者でも出来る「馴染みの店」の作り方・・・再度の来店アピール、店員への褒め言葉、混雑時の気遣い!?(゚〇゚

   

若者でも出来る「馴染みの店」の作り方・・・再度の来店アピール、店員への褒め言葉、混雑時の気遣い
1: ダイビングフットスタンプ(庭):2016/09/03(土) 20:08:33.31 ID:loT/8wfJ0.net若手社員にも出来る「なじみの店」の作り方 いつもぐるなびや食べログなどでチェックしたはやりの店だけを追い続けたり、コスパ重視でチェーン居酒屋だけで飲み歩いてもそんな店はできない。こ…

BARとかそういうのは作ったほうがいいのかもねぇ

1: ダイビングフットスタンプ(庭):2016/09/03(土) 20:08:33.31 ID:loT/8wfJ0.net
若手社員にも出来る「なじみの店」の作り方

いつもぐるなびや食べログなどでチェックしたはやりの店だけを追い続けたり、コスパ重視でチェーン居酒屋だけで飲み歩いてもそんな店はできない。こうしたチェーン店はほとんどがアルバイト店員で、
店の回転率同様に、スタッフの回転率も高い。店のスタッフに「顔と名前を覚えてもらう」ことはなじみ客になる第一歩。だとしたら「なじみの店づくり」に限っていえば、最初からつまずいているわけだ。
では、どうすればいいのか?
そこで酒の席の経験値が低めな若手社員向けに、「なじみの店の作り方」を紹介したい。すでになじみの店を持つビジネスパーソンの方々のノウハウ、加えてなじみ客を多く持つ店側の助言も織り交ぜながら、そのヒントを探ってみた。

なじみの店をつくるコツ1「カウンターとテーブル席がある店を狙う」

もちろん、本来はどこをなじみの店とするかどうかは個人の自由だ。炉端焼き屋だろうが、スペイン・バルだろうが、こじゃれたバーだろうがかまわない。
ただし、冒頭で述べたような「一人でも」「数名の接待でも」使える店となると、できればカウンター席だけ、テーブル席だけの店は避けたほうがいいだろう。
「一人飲みだけなら、バーカウンターだけの店が入りやすいし、なじみ客にもなりやすい。でも、やはりちょっと何人かで飲む、というときは使いづらいですからね」というのは資材メーカーにつとめるAさん。
「バーテンが店全体に目配せできるようなサイズで、しかし、カウンター席とテーブル席があって、フレキシブルに使えるような店がベターだと思います」(Aさん)

店のつくりと同時に雰囲気も重要だ。まずは1~2度、気になる店を覗いてみて、料理や値段も含めて自分にフィットするか、排他的ではないかなどを肌で感じてみる。
ネットで探した店や、通りすがりにみつけた気になる店があれば、まずは訪れて店の様子を確認することがスタート地点といえるだろう。

http://toyokeizai.net/articles/-/133983

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1472900913/

続きを読む



 - 未分類

×